セミリタイアするには、まず1000万円を目指しましょう

セミリタイアはいくら貯めればいいんだ?
セミリタイアに必要な金額は1000万?2000万?
FIREしたい!何から始めれば・・・?

こんにちは。Rです。今回は、セミリタイアを目指すにあたり、目標とすべき金額についてお伝えしたいと思います。ズバリ、1000万円貯めることを目標にするべきだと思います。
多くのセミリタイアブロガーたちと同じように、私も1000万円持ってからは世界の見え方が変わりました。私の場合、無理に今の仕事しなくてもいいのでは?という考えが浮かび、ホワイト企業へ転職し、現在に至っています。私の場合は、週に5日間働くことがそこまで苦痛ではない、むしろ、ある程度の人とのコミュニケーションが必要なので今のところ退職には至っておりません。1000万円あれば、こんな感じで、自分の人生を自分でデザインすることが可能になります。私は、この記事を読んでくれたあなたにも、自分で自分の人生の舵取りをできるようになって欲しいです。
そんなわけで、今回はなぜ、1000万円なのか?そして、1000万円貯めるにはどうすればいいのか?についてお伝えしたいと思います。

なぜ、1000万円なのか?

1)簡単には到達できないが、不可能な金額ではないから
日本人の平均年収は400万円ほど。すなわち、手取りであれば、300万円くらいになります。仮に、50%を貯蓄に回せるとしたら、6~7年で1000万円に到達することができます。このくらいの期間を節約しながら暮らせるかどうか?というと、決して余裕ではなくとも、達成不可能でもない数値だと思いませんか?また、現在であれば、ある程度は副業もしやすくなっている環境になっています。このように、目標値として難易度がちょうどいいというのが1000万円を目指すべき理由です。

2)実利のある金額だから
複利効果をちょうど実感できる金額だから、というのがもう一つの理由です。1000万円を年利5%で運用すると、年収50万円になります。なかなかの金額です。資産運用は金額が多かろうと少なかろうと手間は変わりません。そのため、ある程度まとまった金額になって始めて複利効果を実感できるようになります。そういう意味で、1000万円は目標としていい数字だと思います。節約力があるならば、FIREも狙えるでしょう。

どうやって、1000万円貯めればいいのか?

節約の一言に尽きますね。そもそも、私の場合は、就職活動の時に頑張ってなるべく給料の高そうな会社に入ったというのもあります。ただ、それ以上に節約の効果が大きかったです。実際問題、会社の同期メンバーの中でも私ほど金融資産を持っている人はいませんでしたからね。自分よりも優秀だったメンバーでもそうだったのですから、仕事ができる・できないと、マネーリテラシーは完全に別の尺度です。しっかり意識しておかないと、人間はお金があってもある分だけ使ってしまうので要注意です。
また、私の場合は、1000万円貯めるまでは、投資の効果はありませんでしたね。100万円を年利5%で運用しても5万円にしかならないですからね。貯金する方が効率的です。よく、仮想通貨や投資で一気に1000万円を目指すって方がおられますが、正直、やめたほうがいいと思いますね。不確実性の高い方法ですし、突然手に入った収入は、一気に使ってしまうのが人間の性質だと思います。

最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
1000万円貯めるまでに身につけたマネーリテラシーが一番の資産になると思います。
1000万円なんて大金だよ、と思われる方も少しずつ始めていきましょう!この金融資産があなたの人生を次のステージに導いてくれると思います。まずは、1000万です。
では、また!