会社辞める?FIREできてもサラリーマンとして働くメリットについて

FIREして、会社辞めるぞ!

とお考えのあなた。

そんなあなたに立ち止まって読んで欲しい。

こんにちは。Rです。私は、徹底して節約した生活をしているので、今の資産でFIREできるけど、サラリーマンを続けているものです。今回は、こんな私がサラリーマンを続けるメリットについて書きます。

今は空前の大FIRE時代。ただ、サラリーマンとして働くのもそんなに悪くないよ、働くのも悪くないよということを知って欲しいので、こんな記事を書いています。

結論から言うと、ストレスを抑えて働くことができる。これがメリットです。

無敵のサラリーマン

サラリーマンとして働く上での一番の問題は、人間関係からくるストレスです。結局、ストレスの原因は人なんですよね。そして、通常のサラリーマンであれば、毎月働かなければ、生きていけません。家賃も払えないし、ご飯も買えない。そんなわけなので、ストレスを抱えながらも働かなければならない。だから、辛いのだと私は考えています。

しかし、FIREできる状態、つまり、周囲の人々とは異なり、完全にお金を目的として働かない状態であればどうでしょう。毎月の給料がもらえなくなることが、恐怖ではなくなります。FIREサラリーマンは、生殺与奪の件を握られていないわけですから。出世が遅れてもいいし、最悪クビになっても、もっと給料が低い会社で働くのでもいっかと思える。これがFIREサラリーマンです。理不尽に怒られたり、言うことを聞かない部下がいたり、仕事でミスしたりなどでは、一時的にへこむことはあっても、すぐに復活してしまいます。

思えば、私もお金がない時代は、ちょっとしたことで一週間くらい引きずっていました。しかし、十分な金融資産を手にしてからは、本当に安定していますね。多少ストレスがあっても大丈夫になりました。

こんな感じで、安定したメンタルでストレスに対しても落ち着いて対処しながら仕事できるので、FIREしてからもサラリーマンを続けるのもなしではないよと思います。

最後に

こんなわけで、FIREしてしまえば、無敵の人ならぬ、無敵のサラリーマンになれるよという話でした。

そんなわけですが、なんだかんだ、自分を雇ってくれている今の会社には感謝しかないですね。このご恩には、しっかり報いたい限りですね。

あと、2点注意点。

私は、FIREしている人を特に批判したいとかってわけではないです。というか、情報発信している人は、ブログやYoutubeで収益を出されているので、正直、まじリスペクトです。

また、会社が本当にストレスに感じていて、体に不調が出ている人。このパターンの人は速攻で逃げるべきだと思います。部署移動や転職の検討をおすすめします。残念ながら、そういうブラック企業はこの令和の日本でもまだ存在しているようです。逃げるは恥だが役に立つです。自分の健康の方が絶対大切です。

まあ、ケースバイケース、個々人が自分にあった生き方をすればいいと思うし、それができる社会にようやくなりつつあるんじゃないかと思いますね。
こんな感じですね。
では、また!