【必見】転職したい人におすすめの本紹介 厳選10冊

2021年11月23日

転職活動を始めてみたいが、何からすればいいか分からない・・・
転職に興味があるが、難しそう・・・
転職するために本を読んで勉強したいが、何を読めばいいか分からない・・・

上記のような悩みを抱える方は多いと思います。
そんな方の役に立てばと思い、この記事を書きました。

私は、元々、新卒で某大手企業に就職し働いていたのですが、FIRE達成を機に転職をしました。今回は、そんな私が、これまでに読んでためになった転職に関する本を10冊紹介していきたいと思います。

転職は、孤独です。

新卒の就職活動の際は、一緒に情報交換をしてくれる友人が周りにいますし、ゼミの教授などの周囲の人々も協力的です。また、いわゆる大手企業や公務員になることなど、ゴール設定も容易です。しかしながら、転職活動は違います。自分一人きりで内定まで戦い抜かなければならない、非常に厳しい世界です。また、転職は、名前のしれた大企業に就職することが必ずしもゴールとも言えません。転職するくらいの年齢になれば、人生の目的や家族計画も考慮に入れた上で、自分の力でゴール設定する必要があります。

こう聞くと、怖くなってくると思います。しかし、恐るるに足りません。

すでに、ネット上にも転職に関する情報は溢れていますし、一昔前と変わって、ビジネスの現場も転職が当たり前になりつつあるからです。ただ、だからこそ、情報をうまく活用することが非常に重要になってきます。

日本の大企業の社長が、45歳を定年とする旨の発表しています。そのため、これからの日本では、従来のような会社に依存した生き方は危険になると考えられます。自分の人生を守るためにも、転職を通してキャリアを築いていくという姿勢が大切になるのは間違いありません。

この記事が少しでも皆さんの役に立てればと思います。

1 マインド 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

こちらは、有名なインフルエンサーであるmotoさんの書かれた本です。motoさんは、地方のホームセンターの店員から、転職と副業によって年収5000万を達成させた、いわば、プロサラリーマンです。5000万ですよ!とんでもない金額です。motoさんの生き方は、これから、転職と副業が当たり前になりつつある、新時代の日本におけるいいモデルケースになると思います。転職へのモチベーションアップという意味で、非常におすすめする本です。

2 マインド 銀のアンカー

こちらは、ドラゴン桜で有名な三田紀房さんの書かれた漫画です。凄腕ヘッドハンターが二流私大の大学生の就活指導をするという物語です。ドラゴン桜も面白いですが、こちらも非常に面白いです。面接などのテクニックについても勉強になりますが、ポンコツな主人公が成長していき、「働く」「生きる」ということについて考えるという点が非常に面白いです。就職活動の時も読んでいましたが、転職活動のときにも再度読み返し、得られるものがありました。特に、最終巻の8巻の一番最後のメッセージは、今の日本の現状に見事に当てはまっており、考えさせらる内容になっていました。全8巻と短いので、一気に読んでしまうのをおすすめします!

3 自己分析 世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方

続いては、やりたいことの見つけ方。この本は、自己分析に非常に役立ちます。本のタイトルにもあるように、やりたいことを探すという目的において、この本のメソッドは最強だと思いました。この本に書かれてある質問に答えていくだけで、志望動機は完成すると思います。特に、志望動機を伝える上で強力な武器になる「原体験」のエピソード探しに非常に役立つと思います。転職の初期の時期や、自分が何をしようかとぼんやりと悩んでいる段階でこの本を使うと非常に効果が高いと思います。

4 自己分析 科学的な適職

こちらも自己分析に関する本です。タイトル通り、自分に合った仕事を見つけるのに役立つ科学的な知見を知ることができます。転職を検討するということは、今の仕事に対して何らかの不満があるということだと思います。しかし、なかなか、その原因が分からないと思います。そんな方に、この本はおすすめです。この本を読めば、現状の不満の原因のヒントが得られると思います。私も、この本の中で紹介されている性格診断を参考にすることで、前の仕事に感じていた不満を明確化することができました。科学的なエビデンスに基づいて作られた本ですので、非常におすすめです。

5 会社分析 業界地図

続いて、業界地図ですね。私は、声を大にして伝えたい。業界地図は絶対に読め!なぜなら、今の企業の置かれている状況を簡単に理解することができるからです。業界内の会社の力関係や、全体的な傾向が図解で簡単に分かるのは、業界地図のメリットです。このコスパの良さにおいて、業界地図を超えるものはないと私は思っています。自分の受ける予定の業界のページを開く→読む。これだけは、絶対にやっておいてほしいです。

6 会社分析 四季報

続いても、企業分析のための書籍です。こちらは、より詳細なデータを調べるために役立ちます。会社の売り上げや利益といった会社自体を知るためのデータに加え、平均勤続年数、残業時間、平均年収などの待遇面のデータも記載されています。定量的なデータの分析、特に類似の企業との比較に役立ちますので、持っておいて損はないと思います。本にはなりませんが、受けようとしている企業のホームページをしっかり読み込むこと、面接で登場が予想される偉い人の雑誌の投稿やSNSアカウントのチェックも企業分析の観点では大切かと思います。

7 職務経歴書 人を操る禁断の文章術

メンタリストDaigoさんの文章術の本です。この本は、文章術について心理学的な側面から解説された本です。職務経歴書といっても、事実をただ羅列するだけの内容では、面接官に会ってみたいと思ってもらうことは難しいです。また、職務経験が浅く、大きな仕事をした経験がない方も、職務経歴書の内容が魅力的でなければ、書類選考で落とされてしまう危険性があります。そんな方々が書類選考を通過し、面接にステップを進めるためには、魅力的な職務経歴書を作成する必要があります。この本には、魅力的な文章を作るためのコツが科学的根拠に基づいて紹介されています。後述のロジカル面接術と合わせれば、非常に強力な職務経歴書が書けると思います!

8 面接対策 ロジカル面接術

ロジカル面接術とありますが、自己分析や職務経歴書作成にも十分に役に立つと思います。ただ、この本の一押しなところは、タイトルにもある通り、ロジカル面接術。論理的に自分を雇うべきであるということを面接官に理解してもらうための準備の仕方が解説されています。この本に沿って準備していけば、なぜ、私があなたの会社で働きたいか?なぜ、あなたの会社は私を雇うべきなのか?の2点についてしっかりと準備することができます。ボストンコンサルティンググループ出身の著者が書かれているだけあり、非常に明確で論理的な内容になっています。私も転職活動で行き詰まった時は、この本を振り返るようにしていました。それくらい、おすすめな本です。

9 面接対策 面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略

またしても、メンタリスト、ダイゴさんの本です。正直、私は面接が苦手だったので、この本は非常に重宝しました。科学的なデータに基づいて、面接のテクニックを解説してくれるので、非常に説得力がありますし、実践的です。面接に苦手意識を持っている人は、購入しておいて絶対に損はないと思います。また、この本にもあるように、面接での評価と入社後のパフォーマンスには相関関係がありません。正直、面接がうまくいかない、困ったという人もこの科学的なデータを理解しておくだけで結果は変わってくると思います。コミュニケーションが苦手だから面接通らないよ〜と悩むのではなく、この本を読んで科学的に対処していきましょう。

10 面接対策 営業の魔法

最後におすすめしたいのは、営業の魔法。なぜ、営業の本?とあなたは思ったかもしれません。しかし、転職とは、自分を売り込む営業活動だと捉えられないでしょうか?私は、転職活動をする中で、これに気づきましたし、この記事を読んでいるあなたにもぜひこの視点を気づいてほしいです。自分という商品をいかに売り込むか?という観点に立つことで、私は霧が一気に晴れていきました。会社からすれば、毎月結構な額の給与を要求してくる上に、福利厚生や毎年の昇給などの面倒くさいことを要求してくる、それが、転職活動をしている人です。そんな商品を、会社の面接の合否を握るぐらいの偉い人に対して売る。それが、転職活動です。これって、ほとんど営業じゃないかと私は思い、この本を読むことにしました。この営業の魔法は、ポンコツな営業マンがメンターと出会い、成長していく過程を通して、営業活動のテクニックやマインドセットを教えてくれる良書です。転職活動で行き詰まることがあれば、ぜひ、読んでほしい一冊です。

最後に

いかがだったでしょうか?
どれも、おすすめの本ですので、ぜひ、読んでもらえると嬉しいです。

読書は、非常に安価でありながら、自分の価値観や行動を大きく変えてくれる、最高の投資です。少しでも、転職に興味を持った方、実際に転職活動をする中で、困っているという方は、これらの本のどれか一つでも購入されてみることをおすすめします!

また、Kindle Unlimitedのサービスを使えば、月額980円という非常に安価な値段で読書を楽しむことができます。上述の本の中でも、期間限定でKindle Unlimitedで読むことができるものもありました。書が元々趣味である、または、インプットを強化していきたいという方は、Kindle Unlimitedの登録も合わせてされてみるといいかもしれませんね!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事を読んでくれた方のキャリア形成の一助となれれば、幸いです。
では、また!

IT転職転職

Posted by R