【実録】NFTアートの作り方 知識0の初心者でも挑戦できた!

最近、噂になっているNFTについて興味がある、詳しく知りたい
NFTアートを始めてみたい、作ってみたい、買ってみたい!
NFTアートの始め方、作り方を知りたい

そう思っているあなたに必見です。

私もNFTを最近楽しんでいるところです。そこで、NFTのことを少し前まで全然知らなかった私が、初心者の方でも分かりやすいように、NFTとは何か?NFTをなぜ始めた方がいいのか?NFTをどうやって始めればいいのか?について簡単に解説していきます!

NFTアートとは何か?

まず、NFTとは何か?についてです。NFTとは、Non-Fungible Tokenの略です。Fungibleとは、見慣れない英単語ですが、代替できるという意味です。直訳では、非代替性トークンになります。これを可能にしたのがブロックチェーン技術です。ブロックチェーンは、分散型台帳と言われています。簡単にいうと、みんなで管理することで不正や改ざんを防ぐ技術です。つまり、ブロックチェーン技術を使って変更されることがなくなり、世界で唯一のものであることが保証されるようになったデータのことをNFTが指してます。例えば、Twitter創業者のジャック・ドーシーの初めてのツイートや、NBAの有名選手のダンクシュートなどがすでにNFTアートになっています。

なぜ、NFTアートを始めるべきなのか?

なぜ、NFTアートを始めるべきなのか?について述べます。
私がNFTアートを始めるべきだと思う理由は、NFTアートが、既存の動産に置き換わる働きをすると予想しているからです。資産には、土地やマンションのような不動産がある一方、高額な絵画や骨董品のような動産があります。動産は、不動産と異なり、持ち運びができるという便利さがあります。ただ、その反面、いくつかの問題点があります。
1)移動ができるということは、盗難のリスクがある
2)絵画や骨董品のように、本物であるかどうかの判断が難しい
3)保管するのにコストがかかる(例えば、絵画であれば、温度や湿度に注意する必要があるし、保管状態が悪いと、値段が下がってしまう)
これらの3つのデメリットをNFTアートは解決しています。NFTアートは、ブロックチェーン技術を使っているので、盗難されることがありません。また、偽物である可能性もありませんし、データなので、保管にはコストはかかりません。そのため、世界の富裕層たちが、既存の動産、例えば、高級な絵画や骨董品から、NFTアートにお金を移してくる可能性は非常に高いと予想しています。
NFTアートは、ただのデータで価値なんかない!と反論する方がいるかもしれません。しかしながら、価値があるかどうかは、希少性で決まります。なので、物体として存在しているか、データであるかは、大きな問題ではないと私は思います。例えば、どんな高級な絵画も、物質としては、紙に絵の具を塗ったものでしかありません。しかし、ゴッホやピカソが描いた絵は高値で取引されます。これは、希少性をみんなが認知しているからです。もしも、ゴッホやピカソではなく、その辺の無名の人が書いた絵などには値段はつきません。しかし、昔の富豪達はこぞって絵画を買い集めていました。現代でも、遊戯王カードが高額でやり取りされています。遊戯王カードも物質的には、ただの紙です。しかし、レアカードはその希少性をマニア達が把握しているので、高い値段で売買されているのです。ただ、物体である資産には、先ほど述べたような問題点があります。盗まれるかもしれないし、偽物かもしれないし、保管にコストがかかります。そのため、私は、世の中のお金持ち達が、骨董品や高級絵画を集めたムーブメントがNFTアート集めに移ると予想しています。実際、アメリカではNFTアート熱は非常に高く、先程のジャックドーシのツイートは約3億円の値段がついたそうです。
このように、NFTアートは既存の動産にとって変わるポテンシャルを秘めているということが、私が、NFTアートを始めるべきだと思う理由です。

NFTアートの始め方

以下がNFTアートを始めるための手順です。

  1. 仮想通貨口座を開設
  2. 仮想通貨のイーサリアム(ETH)を購入
  3. Webウォレットを作成する
  4. オリジナルのアートを作成する
  5. NFTマーケットに出品する

まず、できることは、仮想通貨口座の開設です。これは無料でできますし、スマホだけで完結させることも可能です。私も初めてで不安でしたが、とても簡単に仮想通貨口座を解説することができました。また、最近では、セキュリティ面もばっちり対策されているので、安心です。スマホだけで完結しますし、イーサリアムの少額での取り扱いもあるので、下記のディーカレットがおすすめですね!


想像してください。あなたの出品した作品が資産家の間で高額で取引されている未来を


なんだか、ワクワクしてきませんか?
そして、この可能性は全くの0ではないわけです。
まずは、そんな未来を実現するためにも、まずは、初めの一歩である口座開設から始めましょう!



最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
2021年は、テクノロジーの進歩とコロナ禍の継続により、価値についての考え方が大きく変わる年になると私は予想しています。この記事を読んだ、あなたには、乗り遅れてほしくないです。
ぜひ、NFTアートに一緒に挑戦しましょう!

機会があれば、NFTアート実践記も載せていければと思います!
では、また!

資産運用についても書いてますので、興味のある方は、以下の記事をクリック!
誰でもできる経済的自由の達成方法 3ステップで簡単に解説します!