【必見】セミリタイアやFIREの3つの大きな失敗要因について考察

働かずに生きていく、「セミリタイア」「FIRE」なんてそんなおいしい話があるわけない。絶対に失敗する!
セミリタイアやFIREに興味があるけど、失敗が怖い・・・
結局、セミリタイアしても、また働くことになるんじゃないの、かわいそうに・・・

最近、FIREやセミリタイアのように、働かないで生きていくというライフスタイルが話題になっています。そこで、今回の記事では、セミリタイアと失敗について考察したいと思います。

私は、20代にして、配当収入のみで生活が可能な経済的自由を達成しています。しかしながら、会社員として働くという選択肢を続けています。まあ、私自身は圧倒的にセミリタイア失敗サイドの人間ですね笑。

一方、人生よよよ氏のように、セミリタイア生活をエンジョイしている先駆者たちも大勢います。

熱血硬派!人生よよよの貧乏セミリタイア塾!

そんなわけで、今回は、セミリタイアに失敗する人と成功する人の違いについて、セミリタイアブロガーたちの暮らしの調査と自分の経験をもとに考察してみました。

結論としては、セミリタイアに失敗する要因は、以下の3つがあげられると思います。

1)お金がなくなる
2)やりがいを感じられなくなる
3)人との交流がなくなる

詳細を解説していきます。

1)お金がなくなる

皆さんの多くがセミリタイアの失敗の要因として、この理由を真っ先に思いつくのではないでしょうか?こちらについてですが、可能性は非常に低いと私は考察しています。なぜなら、セミリタイアする人というのは、基本的に、マネーリテラシーが高いからです。

そもそも、セミリタイアするという目標に向け、お金をコツコツ貯めるという行動を実践してきた人たちは、支出を抑える方法を熟知しています。例えば、一度格安スマホを契約した人が、もっと高い携帯料金を払うかといえば、そんなことはあり得ないと思います。私自身も、一度節約の習慣が身に付いてしまうと、無駄遣いをするのが難しくなるのを経験しています。例えば、服屋に行っても、「新しい服を買わなくても、手持ちの服で大丈夫」などを反射的に考えてしまいます。

また、資産運用について、株価の暴落が起きたらどうなるんだという方もいると思います。確かに、今後もどこかのタイミングでリーマン・ショックのような株価の大暴落は発生するでしょう。しかしながら、過去数百年という長期的な視点に立ってみると、株価は継続して上がり続けています。そのため、大暴落の期間を耐えることができるように、現金や債券などの低リスク資産にある程度分散投資しておけば、問題ないと推測されます。

資産運用の詳細については、以下の書籍一覧の記事をご参照ください。
【必見】セミリタイアしたい人おすすめ本 厳選10選

2)やりがいを感じられなくなる

セミリタイアしてから、毎日ダラダラ、ゴロゴロできれば幸せだろうと思う方も多いと思います。しかし、人間は何らかの目標を持っていた方が、幸福感を感じる生き物です。学生時代に部活動を経験した人であれば、理解できると思います。試合に勝ったり、新しい曲を弾けるようになったら嬉しかったですよね。そのため、楽器でもスポーツでもなんでもいいから趣味を持っておくことをおすすめします。逆に趣味のない状態でセミリタイア生活に突入してしまうのは、リスクが高すぎると思いますね。

人生よよよ氏に、ゲームという趣味があるように、無料または安価で楽しめて、自分がやりがいを感じられる趣味を持っておくことがセミリタイア生活を失敗させないためには大切だと思います。

個人的には、読書がおすすめです。特に、Kindle Unlimited。価格設定が安すぎるんですよね。月額980円なんで、基本的には、月に1冊以上の本を読む人であれば、元が取れるので、読書家の人は、絶対登録した方がいいと思います。電子書籍なんで、場所も取りませんし。また、このサブスクを始めてから、私は、明らかに読書量が増えました。そのため。読書を習慣化させたいという方にもおすすめです。無料期間もあるので、一旦登録して、様子見してみることをおすすめしますね。

ただ、読書というのは、完全にインプットの趣味になります。そのため、アウトプットの趣味を私も模索している途中です。

3)人との交流がなくなる

人との交流がなくなり、孤独感を感じて寂しいというのも、失敗要因になりえます。一人でも平気だと思っているようでも、人間というのは、元々、群れで行動する生物です。そのため、コミュニティへの所属が、幸福感につながるように遺伝子レベルで決まっているのです。それゆえ、セミリタイア後も、なんらかの手段で人との交流は必要であると考えられます。

正直言って、私が会社員として働き続けたいと思ったのは、この理由が大きかったですね。理論上は、毎日家で本を読んで過ごすこともできますが、これは、結構きついものがあります。会社っていうのはコミュニティとしての役割も果たしているのだと改めて考えさせられましたね。

会社に所属しなくても、家族と暮らすとか、ペットを飼うだとか、別の選択肢もあるとは思います。また、直接会わなくても、人間はメッセージや音声でも人と交流していると認知できるため、SNS・ブログ・Youtubeなどの情報発信もありだと思います。これらは、趣味として、前述のやりがいにもつながるので、いいと思います。

いずれにせよ、社会との関わりを完全に断つのは、セミリタイア失敗につながると思います。そのため、寂しさに対するなんらかの対策を打つべきだと思います。

余談ですが、個人的に、以下の本が幸福について考える上で参考になりました。興味のある方は、読んでみることをおすすめします!

最後に

以下に、セミリタイアに失敗する要因とその可能性をまとめました。

1)お金がなくなる
→可能性 小

2)やりがいを感じられなくなって虚しい
→可能性 中

3)人との交流がなくなって寂しい
→可能性 大

セミリタイアやFIREを目指す方は、上記の失敗リスクを考慮して、人生設計されることをおすすめします。私は、主に3の要因のため、セミリタイアに失敗してしまい、会社員としての生活を継続させています。会社員という生き方は決して悪いものではないと思っています。しかしながら、本当の自由を手にしたいと思うセミリタイア希望者の方は、上記の失敗要因に留意されてみてはいかがでしょうか?

では、また!