【必見】セミリタイアしたい人おすすめ本 厳選10冊

2021年9月19日

仕事にストレスを感じていて、セミリタイア、FIRE、早期退職などに興味があるけど、何から始めていいか分からない・・・
資産運用を始めてみたいけど、何からしたらいいかわからないし、怖い・・・
本を読んで勉強したいけど、何を読めばいいのか分からない・・・

どうも、Rです。今回は、そんなお悩みを解決できる、セミリタイア希望者におすすめの本を厳選して10冊ご紹介させていただきます。

私は、節約を通じて1000万円を超える金融資産を蓄財し、その運用からの収益でセミリタイア可能な状態を作り出しながらも会社員を続けている者です。

私もセミリタイアを目指した当初は、何をすればいいのやらさっぱり分かりませんでした。金融系の勉強なんて、なんだか難しそうで何から始めたらいいか分からない人が多いと思います。私もそうでした。手当たり次第本を読んでしまい、時間とお金を無駄にしてしまいました。

この記事を読まれた方には、そんな時間の無駄をしてほしくありません。そこで、私が実際に読んでみて、これは有益だと思った本を厳選して、10冊ご紹介させていただきます。もし、ちょっとでも興味を感じたら、即購入をお勧めします。なぜなら、投資は早く始めたほうが、複利効果が得られるからです。ここにあげた書籍は、高額な情報商材やセミナーに比べたら、格安ですよ。迷っている間にも時間が過ぎていきます・・・即断・即決・即行動でいきましょう!

  1. 金持ち父さん 貧乏父さん
  2. 女子高生株塾
  3. 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください
  4. お金の大学
  5. お金は寝かせて増やしなさい
  6. らくらくマクロ経済・らくらくミクロ経済
  7. お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
  8. 財務3表一体理解法
  9. 敗者のゲーム
  10. ウォール街のランダムウォーカー

1 金持ち父さん 貧乏父さん

まずは、この一冊から読んで欲しいです。有名な本ですが、金持ち父さん、貧乏父さんです。私が学生時代に読んで、非常に感銘を受けた本です。この本では、主人公の実の父親と友人の父親が対比されながら、どうやったらお金持ちになれるのかが解説されています。この本で述べられていた考え方は、初めて読んだときに本当に目から鱗といったところでした。お金持ちには、こういう目で世界をみていたのかと、興奮したのを今でも覚えています。ぜひ、読んで欲しい一冊ですね。

2 女子高生株塾

女子高生株塾。シリーズものになっています。2010年頃に書かれた本で、やや情報は古いですが、金融商品全般について分かりやすく漫画で解説されているので、初学者にお勧めの書籍となっています。ストーリー仕立てになっていて、背後で流れる人間模様も楽しめます。

3 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください

そのまんまのタイトルなのですが、難しいことがよくわからないという方がマネーリテラシーを高めるのに役立ちます。特に、現代の日本で問題になりがちな金融商品の基礎的な知識や、資産を守るための考え方について、山崎さんが優しく解説してくださっています。読みやすい本なので、おすすめです。

4 本当の自由を手に入れる お金の大学

有名な両学長の本ですね。最新の経済状況が反映されており、現代に即した素晴らしいマネー本になっていると思います。Youtubeで解説されている情報が分かりやすくまとめられているので、おすすめの一冊です。特に、副業や転職などの最近の日本の状況にあった情報が参考になると思います。

5 お金は寝かせて増やしなさい

有名なインデックス投資の解説本になります。かつては、それほどメジャーでなかったインデックスファンドを昔から実践されているという点で、非常に有益な本だと思います。インデックスファンドがなぜ有効かといった理論的なところから、証券口座の開き方と言った具体的な内容もカバーされていて、非常に有益な書籍だと思います!

6 らくらくマクロ経済学・らくらくミクロ経済学

ここで、経済学自体を学びたいという方向けの本も紹介しておきます。私はこの本が非常に分かりやすく勉強になりました。ざっと読むだけでも、経済学の概要を把握できるので、非常におすすめです。イラストや図が多いので、初学者でも分かりやすいと思います。どちらかというと、公務員受験する方がよく利用される書籍のようです。

7 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

橘玲さんの名著、黄金の羽根です。橘さんが独自の視点で資産の形成方法について述べられています。特に、マイクロ法人を使った節税方法についての項目は、読み物としても面白いです。個人的には、この本の中で予測されている状況(特にPTの登場)にどんどん現実味を帯びているのが怖いところです。詳細は読んでいただきたいところです。

8 財務3表一体理解法

会計の知識も概要は掴んでおいた方が、資産形成では有利に働くと思いますので、この本を読んで、ざっと勉強しました。P/L, B/S, C/Sの概略を学ぶことができます。分かりやすく端的にまとめられているのでおすすめの一冊となっています。

9 敗者のゲーム

株式投資についての見解が書かれている本です。筆者の主張はタイトルの通り、株式投資とは、敗者のゲームであるということです。つまり、ミスをした人の方が負けるのが、投資の世界であるということを言っています。なんか、地味じゃない?分析力に優れた人が勝つんじゃないの?と疑問が浮かんだあなたにこそ、ぜひ読んで欲しいです。投資とは、敗者のゲームなんです。

10 ウォール街のランダムウォーカー

上述の敗者のゲームとも被りますが、こちらの本では、株式市場の値動きはランダムウォークであり、予想ができないものだと主張されています。かなりボリュームがあって読むのが大変ですが、株式の歴史と一緒にこのランダムウォーク理論、インデックス投資の有用性を学べるので非常に有益だと思います。

最後に

いかがだったでしょうか?

資産形成のお役に立ち、みなさんがより自分らしく、豊かな人生を歩む手助けになれば幸いです。

冒頭にも述べましたが、資産運用は早く始めた方が得です。なぜなら、複利効果によって倍々ゲームで資産が増えていくからです。ちょっとでも興味を持ったら、即購入をお勧めします!

では、また!

経済的自由

Posted by R